あがけよ、俺。

筋トレに目覚めた男の雑記ブログ

筋トレ初心者はマンガ「ダンベル何キロ持てる?」で勉強してはいかが?

SPONSORED LINK

f:id:sazabimnst:20171105165259j:plain

どーも、おかずです。

裏サンデーで連載中のマンガ『ダンベル何キロ持てる?』が思った以上に筋トレについて詳しく書かれていてビックリ! たまたま見つけて買っただけなのにかなり得した気分になりました。

筋トレのフォームはもちろん食事に関する知識、その他知っておいたら役に立つ知識がマンガでわかりやすくゲットできますよ。

では、「ダンベル何キロ持てる?」について紹介と読んでみた感想を書いていきたいと思います。

『ダンベル何キロ持てる?』とは

食べることが大好きな皇桜女学院の女子高生・紗倉ひびきは友人の上原彩也香から最近太り気味であることを指摘される。ダイエットのために一念発起したひびきが近所に新しく出来たシルバーマンジムの見学に行くと、そこには同じ学校に通う優等生の奏流院朱美も見学に訪れていた。

ダンベル何キロ持てる? - Wikipedia

まとめると、太り気味の女子高生がジムに通ってダイエットするってお話。

間違ったダイエット方法が蔓延してる中、ジムに通ってダイエットしようというが素晴らしいですよね。とても健全なマンガです。

次からは読んだ感想を書いていきたいと思います。

登場人物がかわいく読みやすい!

メインの登場人物はほとんど女の子。金髪黒ギャル系(爽やかイケメン好き、主人公)、黒髪清楚系(筋肉フェチ)などなどが出てきます。ちゃんとかわいいので男子はなんの苦労もなく読めるはず。

変に癖のあるキャラは出てこないし、ストーリーもジムでのトレーニングを中心に繰り広げられる日常系といった感じで単純で読みやすいです。

ちなみにちょっとしたエ◯も挟んだりしますが、年齢制限はかかってない健全なマンガです!

トレーナー「街雄 鳴造(まちお なるぞう)」がおもしろい!

主人公を担当することになったトレーナー「街雄 鳴造(まちお なるぞう)」というキャラがいるんですが個人的にツボに入りましたw このマンガで出てくる数少ない男性キャラです。

パッと見はスラッとした爽やかイケメンなんですが、中身はゴリマッチョ。服を着ているときと着ていない時で明らかに体のサイズが違います。

「そう…「再度」…」

「さいど…サイド…」

「はいッッッ!!!! サイドチェスト!!!!!」

こんな感じでいきなりポージングを取りはじめ服が破けたりもしますが見た目はさわやかイケメンなんです。主人公たちも最初はドン引きしてますが、次第に慣れて街中でパンツ一丁でポージングを取ってても気にしなくなります。

筋トレ知識がわかりやすい!

「マンガでわかる~」みたいな書籍がたくさん出ている理由がわかった気がします。

大切なポイントをわかりやすい絵で簡潔に表現しているので、知識が頭に入りやすい。特に筋トレのフォーム解説がわかりやすかったです。また、筋トレのフォーム以外にも食事の知識や知ってれば役立つ知識を手に入れることができますよ。

ここで得た知識の穴埋め、正確性を確かめるためにネット上の記事や専門書籍を読むということを繰り返してると効率的に知識を蓄えていくことができると思いました。

なにごとも最初はシンプルに理解していくのが負担も少なくていいなとあらためて感じましたねー。

このマンガを通して得た知識の1つを紹介したいと思います。

運動前のストレッチは逆効果

なんでも体が温まってないうちにストレッチをすると腱や関節を痛める原因になるんだとか。さらにはパフォーマンスも低下するようです。

そんなこと言われてもって感じですよね! 僕も同じです。

じゃあどうするのかと言うと動的ストレッチを行うといいそうです。普段、僕たちがやってるのは静的ストレッチ、これはNG。手足を動かして体温を上げ筋肉の柔軟性を上げて行くことを動的ストレッチと言うそうです。

イメージしにくい場合はラジオ体操を思い出してください。あれも動的ストレッチなんだとか。

まとめ

やっぱり自分の趣味を題材として扱ってるマンガっておもしろく感じてしまいますよね! 自分が経験してることだったりするから強く共感できる。読んでて「あるある!」ってなることなんでざらです。

筋トレに関する知識もしっかり手に入れることができるし、僕みたいに「最近、筋トレはじめました!」という方にはぜひ読んでもらいたいマンガです。

あと、筋トレをはじめると他の用事よりも筋トレを優先してしまいがち。

そうなると生活の中で女の子成分が少なくなる方もいるかと思います。そんな人はこのマンガに出てくるかわいい女の子たちに癒やされてください。(僕はもともと女の子成分がまったくない生活を送ってましたが…)

じゃあね!