あがけよ、俺。

筋トレに目覚めた男の雑記ブログ

【モンスト】爆絶!蓬莱クリア!!攻略パーティ紹介と意識したいポイントを解説

SPONSORED LINK

蓬莱初入手

念願のJKゲットだぜぇっ!!!

すごいぞー!かわいいぞー!

降臨4回目(たぶん)にして初クリア。僕のPSが低いって!?

黙っとけ!!(その通りです。すみません)

正直、なんでクリアできたのか自分でもわかってないんだけどー、まだ勝ててない人のためにー、コツなんかを教えてあげようかと思うんだよねー。

クリアした僕がねっ!

(マジ調子乗ってごめんなさい…)

【関連記事】

水爆絶『蓬莱』クリア・周回のために参考にした攻略動画まとめ

パーティ編成は木属性貫通ADW持ちを固めただけ

とりあえず今回はこんな寄せ集めのパーティでクリア。

蓬莱 最終ゲージ

手持ちガチャ限の適正が楊センだけってのは正直つらい。

より安定させるならヘングレかミョルニルはほしいところ。周回を想定するなら特に。

個人的には、

  • ギガマンティス(英雄の証持ち)
  • ヘングレ or ミョルニル
  • 楊セン
  • 適当なフレ枠

こんな感じでパーティを組めれば安定クリアに近づきそうな気してる。

伝染霧に注意!同名キャラは2体まで

リヴァイアサンと蓬莱がほぼ毎ターン伝染霧を打ってくるので同名キャラは2体まで。理想は1体。塵も積もればで後半息切れ必至。

ダメージ数としてはこんな感じ。

貫通4枠推奨!反射タイプは使いづらい

反射タイプでADW・AB持ちのナチョス神化を連れて行ったこともあるんだけど、使いづらかった。ほぼ2ステージ目で負けてたと思う。

反貫パネルを利用して立ち回れば問題ないと思ったんですけどねー。

これが存外難しかった。反貫パネル踏みに行こうとしたら反射制限に引っかかったりするんだもん。PS低い人間は黙って貫通。これ大事。

英雄の証付きなら運枠はギガマンティス一択

ギガマンティスの場合、2ステージ目左側のリヴァイアサンを倒し切れない時があるんだよね。倒し切ることもできるけど角度がシビア。

これがワラベリオンだと安定して倒せる。

こんな理由で運枠をワラベリオンで使ってたんだけど…。

スピードが遅い

ということで、できればギガマンティスを使いたい。

検証したわけじゃないんだけど、同族加撃や撃種加撃なんかでギガマンティスの攻撃力を底上げしてやればこの問題は解決できると思うんだ。

そうなれば運枠はギガマンティス一択だよねー。

ヘンゼルグレーテルはマジで強かった

フレ枠で1回だけ使う機会があったんだけどマジで強かった。

対蓬莱において弱点キラーが強すぎる。持ってるなら絶対パーティに編成したいキャラだと思うわ。

だって、中ボス1で半分以上残ってた(たぶん)HPが弱点にクリティカルが出ただけで全部持ってったんだよ。がっさーって勢いで減ったからね!

これ強すぎだろ!?

蓬莱クリアのポイント

蓬莱をクリアしたこの僕がっ!意識してたことを教えちゃうよ〜!

(ごめんなさい!)

ブロックの判定は少し大きい

蓬莱限定の話ではないんだけど、ブロックの当たり判定って見た目より少し大きい気がしてる。

なので、ブロックを避けて弾く場合は少し余裕をみて弾かないと、当たり判定をもらってしまい予期せぬ反射を招くことになるのかなと。

ステージ1の1キャラ目で左上の2体を狙う時も、素直に上方向に弾くより左壁を薄く触る感じで弾いた方が成功率は高いよね。

浦島太郎のループヒットは組んでる足の位置を狙う

2ステージ目とボス最終戦の浦島太郎と倒す時、配置が良ければループヒットを狙うのもあり。というか、狙おう。

位置としては上弱点の少し下、足を組んでるラインを往復すると減速率が低くジャキジャキしやすい。

バハムート処理は浅い角度で

垂直に近い角度で入っていくと処理しやすいかと。

習うより慣れろで何回もやってると見えてくるものがあると思うよ。

中ボス、ボス戦では雑魚敵はある程度無視でOK

当たり前の話しだけど、超絶爆絶クエストの仕様として、中ボスやボスを倒したり撤退させたりすると雑魚敵が残ってたとしてもそのステージは突破扱いになる。

火力が出せる配置になっていれば雑魚を無視してボス特攻でステージを抜けるというのも1つの手だし、安全だったりするんだよね。

雑魚に構いすぎて蓬莱への手数が減るのはダメ。

ただ、雑魚を透明化させるリヴァイアサンや浦島太郎は必ず倒す。絶対倒す。反射制限は即死攻撃までに倒せればOK。アクアドラゴンまで倒す必要はなし。

まとめ

正直、一生クリアできないと思ってたんだけどね。運も実力の内とは言ったもんだ。

次に勝負をかけるのはアルカディアかな。

負け続けだしギャフンと言わせてやりたいっ!!

それでは!