あがけよ、俺。

筋トレに目覚めた男の雑記ブログ

筋トレ初心者にオススメ!IROTEC製ラバーダンベル60kgセットをレビュー

SPONSORED LINK

最終更新:2017年12月19日

f:id:sazabimnst:20171203134336j:plain

IROTEC(アイロテック)のラバーダンベル60kgセット(30kg × 2)を購入して3ヶ月経ったので、使ってみた感想を紹介していきます。

今の僕にはなくてはならない存在になってしまいました!

IROTEC製ラバーダンベル60kgのセット内容

f:id:sazabimnst:20171203134352j:plain

  • 5kgプレート × 8枚
  • 5kg用ラバーリング × 8個
  • 2.5kgプレート × 4枚
  • 2.5kg用ラバーリング × 4個
  • 1.25kgプレート × 4枚
  • 1.25kg用ラバーリング × 4個
  • 2.5kgシャフト(45cm) × 2本
  • カラー(留め具) × 4個

ざっとこんな感じ。60kgということで点数が多いですね。

点数が多いこと、かなりの高重量のため大きめのダンボールと小さめのダンボールの2つで届きました。梱包も丁寧でした!

唯一の嫌な点といえば、運送業者の方に対してとても申し訳ない気持ちになることですかね。絶対「こんな重い物買ってんじゃねーよ!」って思ってるので、いつも以上に感謝の気持ちを込めて対応してください!

ラバーリングの清掃と取り付け

届いたら「さっそく筋トレだー!」といきたいところですが、やることが2つあります。

ラバーリングの清掃

ゴムの劣化を防ぐためラバーリングにオイルが塗られています。そのまま使ってしまうと部屋の中がヌルヌルになってしまうので使用前に清掃することをおすすめします。

※オイル加減は商品によってまちまちみたいです。レビューの中にはそこまで気にならなかったというものもありました。ちなみに僕のは超ヌルヌルしてました…。

1つ1つ雑巾とかで拭き取るのは面倒なので、風呂にばらまいて台所洗剤をぶっかけて使い古しのスポンジでゴシゴシ洗いました。時間にして15分ぐらいだったと思います。

あと、レビューでゴム臭が気になるという意見があります。

確かに開封時は少し気になりましたが、洗ったあとはまったく気にならなくなりましたね。

ラバーリングの取り付け

プレートにラバーリングを取り付けていきます。

これから筋トレをはじめる人にとってこれが最初の筋トレになるんじゃなかと思うぐらい大変でした。その日の筋トレはこれをメニューに入れてもいいと思います! 特に5kgプレート、重い上に8枚もありますから本当に大変。

ここを乗り切れば楽しい筋トレライフのはじまりなので、気合と根性でやりきってください!

IROTEC製ラバーダンベル60kgセットの外観レビュー

f:id:sazabimnst:20171203134408j:plain

ラバーリングを装着したプレートはこんな感じ。可もなく不可もなくといったところですかね。

買ってから数ヶ月経ってるので中心部分の塗装が一部剥がれてます。ここはカラーでギュッと締めつける部分なので塗装が剥がれてしまうのは仕方ないですね。

f:id:sazabimnst:20171203134943j:plain

ラバーリングの嬉しいところは床を傷つけにくいのはもちろんですが、置くときの衝撃や音を軽減してくれる点も忘れてはいけません。集合住宅に住んでる身としてはとても助かります!

f:id:sazabimnst:20171203134423j:plain

プレート自体の側面は丸みを帯びた形状になってます。

f:id:sazabimnst:20171203134619j:plain

これがシャフト。

f:id:sazabimnst:20171203134658j:plain

持ち手の部分に細かな凹凸の加工がしてあって滑りにくく持ちやすい!(ローレット加工って言うらしいです)

f:id:sazabimnst:20171203134813j:plain

カラー(留め具)はこんな感じ!

f:id:sazabimnst:20171203134827j:plain

内側のゴムが外れやすいので紛失に注意してください。どうやらゆるむのを防止する役割があるようですが、あってもゆるむので失くしてもそこまで問題はないかもしれませんが…。

IROTEC製ラバーダンベル60kgセットを使った感想

実際に数ヶ月使用して感じたこと書いていきます!

飽きずに筋トレが楽しめる!

僕は「筋トレはじめるぞい!」と思っていきなりこのダンベルを買いましたが、今思うと正解でしたね。

というのも、腕立て伏せなどの自分の体重を使った筋トレ(自重トレ)だと確実に飽きてしまってトレーニングを続けることができなかったと思います。

理由としては僕が飽き性だというのもありますが、自重トレの場合、負荷は自分の体重なわけですから基本的に変えることができません。そうなると回数を増やして負荷を調整することになります。

腕立て伏せを30回とか50回とかやるのは時間もかかるし、精神的にも疲れるしでモチベーションだだ下がりで1ヶ月も続かずやめてたと思います。

ところが!

ダンベルを使うことで重量を調節することができるので、少ない回数(=少ない時間)で筋トレができるわけです!

これなら平日忙しい社会人の人でも少ない時間で効率的に筋肉をいじめることができます。少ない時間でサクッとできるのが何かを続けるには大事!

それに重量という明確な指標があることで「次は〇〇kgあげてやろう!」という目標を持つことができ、モチベーション維持にも役立ちます。

初心者こそ最初にダンベルは買っておくべきです!

重量が上がるごとに成長を実感できる!

単純に扱える重量が上がっていくことで自分の成長を実感できます。

前までベンチプレスで20kgしか上げれらなかったのが30kg上げられるようになれば10kg成長したことになります。自分がどれだけ成長できたかが重量という数値としてハッキリでるところが本当に最高!

上がっていく重量や少しづつでも筋肉がついていく体を見ると自信がつきますし、成長

していってる自分のことが好きになりますよ。

プレートの付け替えが面倒

このダンベルはプレートを付け替えることで重量を調節する可変式ダンベル。

1回の筋トレで数種目はやることになりますが、もちろんすべて同じ重量というわけにはいきません。効率的に筋トレをしようとすると種目ごとに重量を調整してあげる必要があります。

なので、1回の筋トレで何回かプレートを付け替える作業が発生します。カラーをクルクル回して外して、プレートを付け替えて、カラーをクルクル回して固定という作業が何回もあります。

ぶっちゃけ面倒でした!

でも安心してください。今となってはその作業にも慣れてしまい、そこまで面倒だと思ってません。

さきほど適切な重量で筋トレをすることが効率的だという話をしましたよね。筋トレを続けてるとこれがよくわかるようになります。

そうなってくると面倒という気持ちよりも重量を適切なものに調整したいという気持ちの方が強くなってプレートの付け替え作業も面倒に感じなくなってしまいました。

カラー(留め具)が緩む

ダンベルを使ってると振動でカラーが緩んできます。

完全に外れてしまうことはないですが、カラーが緩むことでプレート同士の間に隙間ができてガチャガチャと音が鳴ってしまいます。「うるさい!」まではいかないので気になる人は少ないと思いますが念のため書いておきます。

僕はセット間の休憩中に軽く締めなおすようにしてますね。

40kgセットより60kgセットがおすすめ

IROTECのダンベルには僕が買った60kgセットの他に40kgセットもあります。

「どっちを買えばいいの?」と悩んでしまったなら60kgセットをオススメします。特に男性は絶対60kgセットがいいです。

理由は簡単で40kgセットだとすぐに物足りなくなるからです。

筋トレを数ヶ月やった僕でさえ今のスクワットの重量は20kg×2の40kgです。40kgセットだともう重量を上げることができません。

40kgセットの価格が約12,000円、60kgセットの価格が約18,000円と価格差はたったの6,000円です。どうせ買うなら長く付き合える60kgセットが断然オススメです!

IROTEC製ラバーダンベル60kgセットのまとめ

  • これから筋トレをはじめる人
  • 自重トレに飽きてしまってモチベーションが下がり気味の人

にはとてもオススメ!

ダンベル1つ買うことで筋トレのモチベーションが上がるのなら安いものです。

僕は本当に買ってよかったと思ってますし、ダンベルを使ってるからこそ今も楽しく筋トレを続けることができてるんだと感じてます。

筋トレライフを充実させてくれる素晴らしいアイテムなのでぜひ検討してみてください。

合わせて使いたい!

ダンベルを買うなら、ぜひ、ベンチの検討を!

一気に筋トレの幅が広がって楽しくなりますよ!!

 

www.agakeyore.com

じゃあね!